後遺症と後遺障害

交通事故による後遺症とは、交通事故が原因で怪我をした場合に、治療をしていても完治して事故に合う前の体調に戻らずに、痛みが残ったり、極端に言うと、手足が無くなっていて、元に戻らない状態になってしまう可能性があります。
その場合、治療を続けていても今後、改善の余地がない場合には、症状がここまでしか良くならないという症状固定をという判断され、痛みや動きに異常が残っている状態、つまり機能障害や神経症状などの症状や障害のことを言います。

ここで間違えないで欲しいのが、後遺症と後遺障害の違いについてです。
後遺症は、治療しても残ってしまう機能障害や神経症状などの症状や障害のことを指すのに対して、後遺障害は、後遺症の症状の中で、交通事故とその症状固定状態との間に、事故が原因という確かな因果関係が医学的に認められていて、それによって働く事ができなくなったり、働いたとしても以前のように働けない状態で、損失がある場合に、法律で決められた自賠法施行令の等級に該当する物の事を言います。
つまり、後遺症の中で、将来的に不利益になる症状が残っている場合、その障害を等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象とする障害の事です。

しかし、後遺障害と言われても良くわからない方も大勢いらっしゃると思いますので、このページでは後遺障害についての情報を紹介させて頂きます。
後遺障害の認定があると無いとでは、相手保険会社から支払われる金額が全然違ってきますので、しっかり確認しておいてください。


▼外部リンク▼
交通事故による後遺症について障害の等級認定のサポートなどをしてくれる専門のサイトです ⇒ 交通事故 後遺症